良好な関係を築くために

どんな職場にもいるでしょうが、ひとつの場所で長年勤めている女性社員は周囲から「お局」と呼ばれる存在になることが多いです。ここに秘められた意味合いは尊敬と煙たいといった感情が半々、人によっては後者がより大きな比率となっているかもしれません。勤続年数が長いからこそ、職場の状況を知っていて優位な立場になっている、支持する立場になっていることが多いです。それゆえ人間関係が悪化して睨まれてしまうと、仕事がしにくい状態になることが往々にしてありますので、コミュニケーションが重要になってきます。もっともこれはお局に限定されたものではなく、すべての人に言えることで、職場はただ仕事をしているだけの場所ではなく、ある程度の時間を拘束されるのですから心地よくあってほしいものです。

そのために重要となってくるのは媚を売ることではなく、基本を丁寧に行うことになります。人間関係を上手く築けない人はまず挨拶からはじめるのが大切で、明るい声をかけられて不愉快になる人はほとんどいません。そして表情も大切で、意識して笑顔を作るようにするのが良いでしょう。また、人間関係が悪化する時に原因は相手だけではなく自分にもあるはずです。すべての責任を相手に押し付けることなく、自分自身にも悪いところがあったかもしれないと考える、客観的に見つめることも大事になってきます。これらをクリアすれば、少なくとも人間関係でトラブルが生まれることはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です